リフォームコラム

和室と洋室で迷ったときは生活スタイルで選ぶ

食文化だけでなく生活スタイルも欧米化が進んできていることもあり、和室を洋室にリフォームしたいと希望する人が増えてきています。さらに使わない和室がもったいないと洋室にリフォームする人も増えてきています。和室と洋室のそれぞれの魅力を今一度おさらいしていくことに加え、和室から洋室へとリフォームする上でのポイントをご紹介していきます。

和室と洋室、どっちがおすすめ?

和室と洋室はそれぞれに魅力があり特徴があります。自分の住居にあてはめて考えるとどちらの部屋の方がよりメリットがあるのかが分かります。

和室編

畳の上で寝転んだり居座ったり自由に過ごすことが出来るのが和室です。和室の特徴からメリット・デメリットまでを見ていきましょう。

特徴

和室は凡庸性が高いという特徴があります。畳が敷き詰めてある和室はその上にじかに寝転んで過ごすこともでき、フローリングよりも自由に快適に過ごすことができます。布団をしけば寝室として利用できますし、家族全員が座れる大きな机を置けばリビングとしても活用できます。家具を変えることで自由自在にその用途を変えることが出来るが特徴でしょう

メリット

和室のメリットは湿度を吸収しやすいところにあります。和室に敷き詰めている畳は湿度を吸い込んでくれますので、湿度の高い日本の風土に適した床材と言えるでしょう。畳の上に座っても寝転んでも湿度でべたべたすることなくいつでもさらっとしていますので、湿度が高くじめじめした日本の夏でも快適に過ごすことが出来ます。和室の部屋の扉となっている障子も湿度を吸い込んでくれることに加え風通しも良いので、快適に過ごすことが出来るのです。

デメリット

和室で使われている畳や障子は傷みやすいデメリットがあります。畳の上で重いものを引きずってしまうとすぐに傷んでしまいます。障子も破れやすいですし、色あせしやすいのでいつもきれいな状態を保つためには障子の張替えを定期的に行う必要があるので少し手入れに手間がかかってしまうことがデメリットとして挙げられるでしょう。

12a.jpg

洋室編

住居のイメージや雰囲気に合わせて自分の好きなように自由にカスタマイズできるのが洋室です。

・メリット
洋室は床がしっかりとしているので多少重量感があるものを部屋に配置しても床がへたってしまうことがありません。季節ごとに部屋のインテリアを移動させて雰囲気を変えても床がしっかりとしているので、へこみを気にすることなく置くことが出来ます

・デメリット
洋室の床は板張りをしたフローリングとなることがほとんどを占めますから、足元が冷えやすいデメリットがあります。和室のように畳を敷き詰めていれば横になってくつろいでも気持ちよさが感じられますが、フローリングでは床の上に寝転んでも心地良さはあまりありません。ついうっかり寝てしまうと体中がいたくなってしまうでしょう。また、板張りの床は音を吸収しにくいので、生活音が階下に漏れやすい点もあります。音を吸収してくれる機能性床材などもあるので、検討してみるのもいいでしょう。

12b.jpg

生活スタイルから考える和室と洋室

和室も洋室も良い面もあれば悪い面もあります。どちらがいいとは言えないのです。部屋のリフォームを考えている場合、部屋の好みだけで選んでしまうと後々生活のしにくさを感じる事になってしまう場合があるのです。自分の生活スタイルを考えて、和室が向いているのか洋室が向いているのかを考えていくと、ベストな部屋作りをすることが出来るでしょう。

のんびりくつろぎ、家族との時間を共有したい人には和室

部屋で座ったり寝転んだりゆっくりとした時間を過ごしたいのであれば和室がおすすめです。休日に家で過ごすことが多く家族でのんびりとした時間を過ごしたいと思っている人には和室の方が向いています。畳の上に寝ころんでのんびりとした時間を過ごしていると、畳からかすかに漂ってくるイ草の香りに癒されることでしょう。

落ち着いた雰囲気の和室は家族で長時間のんびりと過ごす場合にも、癒しをもたらしてくれます。床に直に座って過ごす時間を多く持ちたい人には和室が適しているでしょう。

ハイセンスな空間の中で過ごしたい人には洋室

ハイセンスな空間で家具などの配置にもこだわって生活をしたいと考えている人には洋室が向いています。自分好みの家具を配置したりそれに合わせてセンスの高いカーペットを配したりすることで、住宅展示場のようにおしゃれな空間にすることが出来るでしょう。センスの高い空間で過ごすことによって気持ちが前向きになり、楽しむことが出来るでしょう。和室の方が好みであっても足腰が弱い人には洋室が向いています。じかに床に座ってから立ち上がるには相当の労力が伴います。ソファやいすを使えば立ち上がる際の足腰への負担は軽減されますので、洋室が向いているでしょう。

和室から洋室へのリフォーム

家を新築した時に和室は客室や応接室として必要だと思ってつくったものの、使用頻度があまりにも低くなっているので不要だと感じている人もいるでしょう。いつの間にか和室が不要なものを置くための部屋として使っている方も少なからずいらっしゃるかと思います。家の中の部屋数は限られているので、使わない和室があるともったいないです。使わない和室をリフォームして洋室へと変えれば、スペースの活用度がアップします。

和室から洋室へリフォームするときの手順や費用、リフォームに関するポイントを見ていきましょう。

リフォームの手順

和室の特徴といえば畳です。この畳をすべてはがしてフローリング材を敷き詰めていきます。畳の暑さは約40?50ミリありますが、フローリングの床材は12ミリ程度なのでフローリングの床材を敷く前にほかの部屋との床の高さを揃えるために構造用合板などで下地工事をします。断熱材が床下に入っていないときには、フローリングの床材を敷く前に断熱材を入れます。

畳からフローリングに変えるリフォームだけでいいのであればこれで終了ですが、床や天井も部屋の雰囲気に合わせて変えたいと思うのであれば、洋室に合うようリフォームすれば完全な洋室へとチェンジさせることが出来ます

和室の場合、柱が壁から見えていますが、洋室の場合には柱は壁の中に隠れて見えないようにします。和室から洋室へとリフォームする工事では壁の造作工事を行います。和室にふすまがついている場合にはふすまを取り外してリビング引き戸用の敷居を取り付けます。洋室に合う引き戸を取り付ければ完了です。

和室には押入れがある部屋が多くあります。押入れがそのままでは洋室らしくないので、押入れをクローゼットに変更します。押入れの建具を取り外し、クローゼットとして便利に使えるようにハンガーポールや収納を作れば使い勝手が良くなります

各手順の費用

畳からフローリングの床材を敷き詰める場合、床材の質によって費用は前後しますが、床材を敷き詰めるだけであれば5万円から15万円程度の費用が掛かってきます。畳をはがした後に構造用合板などで下地工事をしたり断熱材を入れたりする工事を追加すれば追加で10万円から15万円はかかってくるので、20万~30万円程度が概算工事費用となります。

天井や床を洋室の雰囲気に合わせてリフォームするのであれば、天井・壁の内装工事費用として10万円から20万円の費用が掛かってきます。ふすまを取り外して洋室に合う引き戸を取り付ける場合には、リビング引き戸用の敷居を設置する必要も出てくるので費用は10万円から15万円は必要になってくるでしょう。

押入れをクローゼットに変更する場合には、ハンガーポールを付けたり収納できるスペースを設置したり、押入れの建具を取り外して折れ戸タイプのドアに変更をしますので、費用は15万円から25万円程度は必要になってきます。

和室から洋室へのトータルの費用はおよそ50万円から90万円になると考えられます

リフォームのポイント

どの程度のリフォームをしたいのかを考えておきましょう。リフォームを始めるとあれもこれもやりたいことが出てきます。欲求のままにリフォームをしているとどんどん費用がかさむことになってしまい、予算を大幅にオーバーしてしまうでしょう。あまり予算をかけたくないと考えるのであれば和室の象徴的なものである畳を洋室の特徴的なフローリングに変更するだけでも十分に雰囲気が変わってきます

間取りの注意点

家をリフォームする前には間取りについてもきちんと考えておきましょう。いざリフォームをしたが使い勝手の悪い家になってしまうのは間取りが悪いためです。またリフォームする際に自分の住居に制約がないかも、きちんと調べておきましょう。希望の間取りを実現するためにはどのようなリフォームが出来るかを把握しておくことが大切です

マンション編

マンションは柱が少ないので部屋を広げたり狭くしたりなど自由に間取りを変更しやすいメリットがあります。しかし、マンションでは、リフォームをする場合決まりごとがあるのでその決まりに違反してまでリフォームをすることは出来ません。また工事をすることになれば上下の部屋の人には迷惑をかける場合があるのであらかじめ断りをしておく必要があるでしょう。

戸建編

戸建ての木造住宅もある程度はリフォームの規制がありますが、それほど厳しい制約はないので自由にリフォームをすることが出来ます。2×4工法によって建てられた住宅は間取りを大幅に変更するリフォームが難しいこともあります。
鉄筋の場合にはラーメン構造と壁式構造がありますが、壁式構造は床・壁・天井で建物を支えているので間取りを変更すれば支えが難しくなりますから、間取りの変更をするリフォームは難しいでしょう。

DIYでも洋室リフォームはできる?

最近は自分でリフォームをするDIYが流行っています。DIYで和室から洋室へのリフォームは出来るのでしょうか?DIYのポイントや注意点を紹介します。

簡単に洋室の雰囲気を出す方法

和室から洋室に変えるのであればフローリングを敷けば簡単に洋室の雰囲気にすることが出来ます。フローリングカーペットなら畳の上に敷くだけなので手軽で簡単です。部屋のサイズに合わせて自分でカットすることも可能です。

ふすまのままだと和室っぽさが出てしまうので、ふすまに壁紙を貼るなどすれば簡単に洋室風に変更できます

注意点

畳の上にフローリングカーペットを敷くことでダニなどの害虫が気になる場合には畳との間に防虫・防湿シートを挟むと虫よけになります。フローリングカーペットは簡単に切ることが出来ますので少しくらい大木根サイズを購入しても部屋のサイズに合わせてカットすることが出来ます。初めから部屋のサイズに合わせて業者でカットしてもらえば手間も省けて楽です

リフォームを業者に頼むべき場合

和室の畳の上にフローリングカーペットを敷く程度であれば自分でDIYをすることが可能でしょう。さらにふすまの和の雰囲気を隠すために壁紙などを貼れば一気に洋風になります。

しかし、部屋の間取りを変えたい場合には、自分でDIYを行うことは難しいでしょう。部屋の壁を取り壊したり配線も変更したりしなければならなくなります。勝手に配線を触ると火事になる可能性もありますので、大掛かりなリフォームを希望する場合にはリフォーム業者に依頼しましょう。プロに相談をすることで自分の希望するようなリフォームをすることが出来ます。

まとめ

最近は使っていない和室を洋室にリフォームする人が増えてきています。使いやすい洋室にリフォームすることで、使わずに物置状態になっていた部屋を変えることが出来るのです。

リフォームをするときには自分の生活スタイルを考えて間取りや部屋のスタイルを決めていくとリフォームをした後にも過ごしやすい部屋に居心地の良さを感じることが出来るでしょう。

最近はDIYが流行っているので自分でリフォームをすることもできます。畳の上にフローリング材を敷いたり壁紙を貼り付けたりする程度であれば問題はありませんが、配線を移動させるなど大掛かりなリフォームが必要ならばプロの業者に依頼すべきです。勝手に配線を触ってトラブルが起きたり、最悪の場合は火事が起きたりしてしまう可能性もあります。リフォームを始めるとつい様々なリフォームをしたくなってしまいますが、自分の希望と費用を十分に照らし合わせてリフォームを考えていくと納得でき、満足できるリフォームをすることが可能となるのです。

フリーダイヤル:0120-188-282

日時: 2017/06/05 17:30:00 トピックス: 和室リフォーム, トピックス: マンションリノベーション, トピックス: 戸建てリフォーム

リフォームコラム

N-Feel(エヌ・フィール)のリフォームへの想いをコラムにまとめました。

N-Feel(エヌ・フィール)では、キッチンリフォーム浴室リフォーム洗面リフォームトイレリフォームの無料相談会を実施しております。間取り変更、外壁塗装、フローリング・クロスの貼替、食洗機・食器洗い乾燥機の交換給湯器・ガスコンロの交換なども承ります。
神戸市・明石市・姫路市・芦屋市・西宮市・伊丹市・宝塚市・大阪市・豊中市など、阪神エリアどこにでもお伺いいたします。
お家の事で少しでも気になる部分がございましたら、何でもお問い合わせください。介護保険を利用したリフォーム、リフォーム補助金、リフォームローンのご相談も承ります。

新着記事